こっそり聞きたい。「リスティング広告って何? 」

こっそり聞きたい。「リスティング広告って何? 」

皆さんは「リスティング」という言葉を聞いたことがありますよね?
リスニング(聞き取り)ではなくリスティング(一覧にする)なので、もし勘違いした方はこれだけでも覚えてください。

最近ではテレビ、SNS、テレアポ営業など多くの場面でこの言葉を耳にすることがあるかと思います。

同業者や所属事務所内でも話題に上がることも珍しくないと思います。そんな状況でインターネットが苦手な方の中には「リスティングって何?」って流石に聞きづらくなっているではないでしょうか?

今回は士業ビジネスにおける集客・マーケティングの常識になってしまったリスティング広告について、どういうものなのかをしっかりと知ってもらうための超基礎講座をお話しさせていただきます。

できるだけ分かりやすくにお伝えするため下記の内容をご了承ください。
・現時点(2022年1月)の状況でお話しします。
・ざっくりと理解していただくことを目的としています。厳密にいうとちょっと違うといったことが一部あります。
・例外的な事案などを記載すると話が長くなるので割愛させていただきます。

リスティング広告ってどの部分?

リスティング広告とはGoogleやYahooなどに掲載される広告の一種です。
例えばGoogleで「英会話」と検索すると、あなたが閲覧したいであろうホームページの候補がたくさん表示されます。そのうち最上部に3つの「広告」と記載がある候補が表示されています。これがリスティング広告です。

ユーザーが検索したキーワードに連動して、広告が表示されるので検索連動型広告と呼ばれます。

なぜ上に表示されることが重要なのか?

検索候補は上から順番に見られるので、上に表示するほど広告効果が高くなります。
キーワードで検索するということは、ユーザーが情報を欲している状態なので、サイト訪問時に購入や成約の確率がかなり高くなります。
「SEO対策」という言葉を聞いたことがありますか?これはこの検索順位を上げるための対策のことです。

で広告費はいくら?

広告料のシステムについて2つのポイントをお話しさせていただきます。

一つ目は、例えばユーザーがGoogle上でキーワード検索をしてあなたのサイトが検索候補に表示(リスティング広告)されただけでは費用が発生しません。Googleへ広告料の支払いが発生するのは、ユーザーがあなたの検索候補をクリックした時点です。

二つ目に表示される検索順位についてです。
検索順位が1ページ目の最上位に表示されているホームページは「該当の検索ワードに対し、1クリックされた場合に最もお金を払うホームページ」といえます。すなわちリスティング広告は落札方式で、1クリック単価が高い順に検索順位が決まります。

以上をまとめると
クリックして集客できた場合のみに費用が発生する。
クリック単価は自分で落札価格を決めれるが、あまり安いと上位に表示されない。

どうやって広告を出すのか?

ではどうやってリスティング広告を使って宣伝するのかを大まかに説明します。

【Googleの場合】Google広告というサイトでサービスや事業所の情報、広告費の支払い方法などのユーザー登録を行います。
専用ページから1クリックの落札価格を入力すれば広告の出稿が完了です。

上記のような手続きが難しい場合、リスティング代行業者に依頼します。その場合の手数料は多くの場合「手数料率型」を採用していて20%程度が一般的です。

その他、ホームページを制作してもらったデザイン会社も多くの場合、リスティング代行業務に対応可能です。
リスティング広告とホームページの内容改善は連動的に行う必要があります。窓口を一本化できるのも大きなメリットです。

まとめ
今回はリスティング広告について、どういうものなのかをしっかりと知ってもらうための超基礎講座をお話しさせていただきました。具体的なマニュアル説明を省きましたので、この記事だけではリスティング広告を運用することはできませんが、初めの一歩としてご参考いただければ幸いです。

未分類カテゴリの最新記事